団子鼻にいちご鼻がコンプレックスだった10代、20代

団子鼻にいちご鼻がコンプレックスだった10代、20代

自分の鼻は低く、つぶれています。俗に言う団子鼻です。
その団子鼻がいちご鼻なんですから、コンプレックスにならないわけがありません。
10代、20代の頃はかなり悩み、マスクが欠かせませんでした。
しかし、隠すことはなんの解決にもなりません。
団子鼻は美容整形でもしない限り治りませんが、いちご鼻はスキンケアすれば改善するのではないかと考えました。

 

いちご鼻とは開いた毛穴に汚れがつまって黒くなり、いちごのように見える鼻です。
その汚れを取ろうとしてどうしてもゴシゴシ洗ったり、スクラブ洗顔を使ったりしました。
しかし、それが逆効果だったのです。
ゴシゴシ洗うことは肌を痛めるだけで、汚れを落とすことはできないのです。
毛穴のトラブルを悪化させるばかりでなく、さらに頑固に、治りにくくしてしまうんです。
古い角質を取り除くためのピーリングももってのほかです。

 

ではどのような洗顔方法が良いかというと、洗顔料をキメ細やかに泡立てして、泡で洗うくらいの気持ちで優しく洗うのが効果的です。
パックや毛穴シートなども同じく、肌を痛めるため、絶対にしてはいけません。
乳液やクリームなども毛穴をふさいでしまうため鼻には使用しないほうがいいです。

 

また、いちご鼻を気にするあまりに厚化粧をしてしまうのもタブーです。
厚化粧をすると、どうしてもクレンジングに力が入ってしまいます。
やはり、肌を痛めることになってしまうのです。

 

結論として、いちご鼻には基本的な正しい洗顔を行うことが一番重要です。
そして、いろいろな化粧品は塗らずに保湿効果のある化粧水だけで十分なのです。
この方法で、いちご鼻はある程度改善し、薄化粧で隠れる程度になりました。
これからも、この洗顔方法を続けていきたいと思っています。

 

 

マナラホットクレンジングゲルの口コミはこちらから